« 開発環境再構築 | トップページ | 開発方針の設定 »

2014年12月 3日 (水)

開発環境確認とか

1.GCC ARM Embedded in Launchpadの動作確認

CoIDEではtoolchainの設定で参照するだけ。
基本的にはコンパイラの変更は意識しなくていいはず。挙動が変わったら考えることにする。
Eclipseと違ってペリフェラルとかスタートアップとかMakefileをいちいち気にしなくていいのはIDEのいいところ。

2.マイコンの検討

少し思案した結果、STM32F411CEUで検討を進めてみることにした。日本語資料が殆どないが、ダメだったら妥協して戻ればいいのである。乗り換えるだけのやる気位置エネルギーが必要なのがネック。

ちなみに候補は以下の3つだった。
1.STM32F103RF
慣れているもの。96KBとそれなりにRAMもある。ここ数年のマシンは大体これを使ってた。

2.STM32F303CCT
LQFP48ピン。FPUとDSPとPGAを使いたい。ただRAMが40KBと少ない。

3.STM32F411CEU(もしくは
STM32F405RGT)
UFQFPN48ピン。FPUとDSPを使いたい。PGAは我慢する。RAMは128KB。クラックしそうなパッケージ。

« 開発環境再構築 | トップページ | 開発方針の設定 »

マイクロマウス」カテゴリの記事

コメント

マイコンにくっついてるDSP ってバレルシフタくらいじゃないですか?
固定小数点演算してないとあまりご利益やいなぁと思ってます。

結局固定小数点最強な気がするので、そこまで行くとFPUもいらないかなぁって気もしてきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1335668/58159180

この記事へのトラックバック一覧です: 開発環境確認とか:

« 開発環境再構築 | トップページ | 開発方針の設定 »