« 2010年6月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年7月

2010年7月23日 (金)

まさかこんなことに

 ランサーやロボトレースでよく使われているGP2s40というフォトインタラプタを発注しました。SHARP製品で、生産中止品です。後輩のセンサ講習に用いるのは間違っている気もしますが、今回はこれを使う予定で結果大量発注になりました。
 数人で計100個。以前にH先輩(兄)がRPR-220を大量発注したときは驚いたものですが、まさか自分が発注する日が来るとは……。

2010年7月 7日 (水)

ログについて

 EEPROM(記憶領域が1Mbit、ページサイズが256byte)でeraseが6ms、writeが6ms、余裕を見積もって書き込み周期をページ/16msとするとき、1msあたりの保有パラメータは16byte。保存可能時間は65.536sec。

 ロボトレの場合、一走にかかる時間を60s程度と見積もった場合、ログを実際に取れる時間は150s程度かと思われ。EEPROMのCSをうまく使って2個パラで接続をすると、約130s分のログが可能。心配なら3個パラにすれば良し。

 使用するポート数はCS×個数、SCK、SI、SO。バスが無くてもRAMを使わずに大容量ログは可能。ただ、取ったログの読み出し時間が半端ないことになりそう。吐き出し時間を待つのが大変になりそうですね。やっぱり読み出し時間を考えてもRAMの方が適しているのかな。ログを取るだけなら、ROMでも問題ないけれど前回の走行情報を使おうとしたら現実的ではないと思います。トレーサのログ用にEEPROMを積もうかと考えましたが、今回は断念。スペースがあったら実験用に積んでみるかも。本当にやろうとしたら、4Mbit近くのRAMをバスで繋ぐのが正解かと思われ。
マウスに積む分には解析用に有りかもしれない。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年9月 »